京都のリフォーム・ひかる工務店

のお客様の声

担当する職人自身が京都にてリフォームの打ち合わせ

工事が終わってすぐの結果のみを求めるのではなく、引渡しが終わりその後長くお住まいいただいている中でもご満足いただけるようなリフォーム工事を京都・滋賀にて行っております。そのためにまず仕上がりに対して高い基準を設け、その基準を満たせるよう最大限の力を持って施工を行っております。

また目に見えない部分の下地処理にも手を抜くことがないように心がけております。お客様には代表取締役自身が直接打ち合わせなどの対応を行うことで、ご要望などをダイレクトに現場へお伝えしております。

高い技術力をもって京都府より最高のリフォームをお届け

実際に施工を行うスタッフはこれまでに数々の一般戸建て住宅や店舗にて工事に当たってきたベテランの職人です。「どうすればご予算内でお客様のご要望を満たすことができるのか」といったノウハウを持っており、「こんな工事を予算内で行うのは難しいのではないか」といったお悩みにもしっかりと対応することが可能です。また改修工事・修繕工事の仕上がりに対しては社内で厳しい基準を定めており、その基準を満たせるよう最大限の努力をしてご提案と施工を行っております。

たとえ難しい案件であってもその仕上がり基準を満たすことによりお客様へ最高の工事をお届けすることができると自負し、妥協はいたしません。そのためには何よりもお客様との綿密な打ち合わせが必要です。お客様がご納得いただけるまで何度もお話を重ね、その上で最適なリフォームプランのご提案を行っております。これまでに培ってきたノウハウを駆使し、柔軟な対応をいたします。

工事担当者の顔が見えるリフォームを京都にて実施しています

一般的に工務店や大手ハウスメーカーと言えば営業職のスタッフが在籍しており、その営業を通して工事のプランを打ち合わせていくものではないでしょうか。しかしそれですとお客様は実際に施工を行う大工・職人と顔を合わせることがなく、またお客様のお声をダイレクトに現場まで伝えることができません。そうなると営業スタッフとお客様・現場で仕事をしている職人の3者間でズレが生じてしまい、「言った・言わない」などのトラブルが発生するリスクもございます。

また大手ハウスメーカーですと下請けの工務店が施工を行うことが一般的ですので、そのズレがより大きなものになってしまう危険性もございます。そういったトラブルの発生を最小限に抑えるため、代表自身がお客様と直接打ち合わせを行い設計やご提案・施工までを一貫して担当しております。お客様のご意見をお申しつけやすい環境づくりを行うことで、工事担当者の顔の見える対応を行っています。

目に見えない部分も手を抜かないリフォームを京都にて施工

住まいや店舗のリフォーム工事というとどうしても仕上がりの見栄えのみに重点が行きがちです。確かにそれも大切なことのひとつではありますが、その仕上がりが長く・安全に維持できなければ意味がありません。そのためにはなによりも目に見えない部分の施工まで手を抜かないことが重要と考え、特に下地の処理に重点を置いて京都にて施工を行っております。工事が完了したら下地は見えなくなってしまうので、手を抜こうと思えばいくらでも手をぬくことができます。

実際にそれで利益を出している工務店も少なくはありません。しかしながらやはり下地処理を怠ってしまうと、せっかくお金をかけて改修したにも関わらずすぐに傷んでしまします。施工が終わってからも長い間ご満足をいただけるよう、目に見えない部分であっても的確な工事を行うよう心がけております。施工後すぐの結果だけでなく長い目で見たご提案を重視しております。